リゾートホテル・コテージ・ペットと泊まれる宿への宿泊ならセラヴィリゾート泉郷│リゾートホテル・コテージ宿泊施設を全国に展開

八ヶ岳フォトロゲイニング 体験レポート!!

八ヶ岳フォトロゲイニング タイムテーブル

受付開始
開会式
作戦タイム
ノーマルクラススタート
ファミリークラススタート
競技中
フィニッシュ
審査中
表彰
八ヶ岳フォトロゲイニングについてはこちら

受付開始

フォトロゲイニングはチーム競技です。
まずは会場の受付にてチームのエントリーを行います。

八ヶ岳フォトロゲイニングは2つのレベルから選ぶことができます。 120分のノーマルクラスと、お子様連れファミリーや初心者でも安心して楽しめる90分のファミリークラスです。

私たちはノーマルクラスを選択。
チーム名は女の子なので「山ガール」に決めました。

競技に参加するときに必要なものは以下のとおりです。
・携帯電話
・カメラ(携帯のカメラでも大丈夫!)
・時計
・防寒着や雨具(動きやすい服装で参加しましょう)
・コンパス(貸出もあります)

受付では以下のものをもらいました。
・結果提出用紙 ・ペンシル(採点用)
・お水ペットボトル(スポーツに水分補給は大事ですね)

エントリーが終わったら、開会式が始まるのを待ちます。
「どんなコースなんだろう?」とドキドキです。

受付開始
次のスケジュール

開会式

この日は、ファミリークラス3チーム。
ノーマルクラス8チームがエントリーされました。
全てのチームのエントリーが終了していよいよ開会式です。
ここで各クラスの地図とチェックポイントの一覧表が一斉に配られます。

簡単な競技説明と事前講習がはじまりました。
チェックポイントを自由に回り、時間内に戻ってくる、それが基本的なルール。

地図には、スタート/ゴールの場所とチェックポイントがそれぞれ赤く記されています。
横に書かれている数字がチェックポイントの得点です。
ファミリークラスはチェックポイントが20か所。
ノーマルクラスはチェックポイントが39か所ありました。
配点は、スタート地点から遠い、または難易度の高い場所に高い点数がついているそうです。

回りきれないくらいにチェックポイントが設定されているので、全てを回る必要はありません。

決められているのは時間だけという自由な競技なので、めいいっぱい自分の体力を駆使して走り回ることも、景色を楽しみながら気になる場所でのんびり休みながら回るのも自由です。

ただし、制限時間内にゴールしないと恐ろしい減点があるので注意が必要です。
1分毎に-20点というかなり高い減点なので、遅れて帰ってくると、せっかく獲得した得点を減らしてしまうことになります。

きちんと計画的に、自分のペースに合わせて戦略を立てることが大事ですね。

開会式
次のスケジュール

作戦タイム

説明を聞きながら、参加するみなさんは熱心に地図とにらめっこ。

私たちも夢中になって地図を読みます。

ここからが作戦タイム。
どこから攻めるか、どのチェックポイントを回るか、どんなルートで回ると効率よく回れるのか…
それぞれのチームが仲間同士で作戦を立てます。

一番高い得点を狙いにいくのも良し、面白そうなチェックポイントを見に行くのも良し、チームで頭を使って話し合います。

あちこちのチームでにぎやかな話し合いが行われていました。
必勝ルートを見つけた!と盛り上がっているチームや、家族で一生懸命地図を読んで話し合っているチームも。

必勝ルート見つけたっ!
ん~!!どこから回ろうか・・・??
次のスケジュール

ノーマルクラス スタート

まずは120分のノーマルクラスがスタートです。
それぞれのチームで話し合ったルートを計画的に回れるでしょうか?

体力持つかな~?それだけが心配な「山ガール」チーム(笑

会場ではスタート地点で準備運動が始まりました。

今日この日の為に毎日ランニングをしたという強者チームもあるようです。

ファミリークラスのチームのみなさんは私たちノーマルクラスの選手を見守ってくれています。

「みんな頑張れー!!」
応援の声がかかります。

ヨーイ…

ドンッッ!!!!

一斉に始まったスタートダッシュ!!
写真を見るとみなさんとても良い笑顔ですね。

山ガールも負けじと猛ダッシュ!!

あるチームは山の上へ、あるチームは下へ。
それぞれが目指すチェックポイントまで一目散に走って消えていきました。

いってらっしゃーーい!!
そしてちゃんと帰ってきてね。 そんな応援の声が響き渡りました。

私たち「山ガール」は作戦通り山を下山するルートを走ります。

ノーマルクラスは一般道を通る広い範囲なので交通ルールを守って車などに十分気を付けます。

私たちの目標はなるべく名所を回る!!です。

  • ノーマルクラス スタート
  • ヨーイ・・・ドンッ!!
  • 山ガールチームの走る背中
次のスケジュール

ファミリークラス スタート

そして、ノーマルクラスが出発してから30分遅れてファミリークラスのスタートです。

ファミリークラスのチームは元気なキッズたちがたくさん!
早く走りたくてうずうずしている様子。

位置について…ヨーイ…

ドンッ!!!

元気いっぱいなスタートです。
これから90分、施設内のチェックポイントを好きなだけ回ります。

どのチームが一番回れるかな??
くれぐれもお父さんやお母さんを置いていかないでね(笑)

ファミリークラス スタート
次のスケジュール

競技中

地図を読みながら、指定されたチェックポイントへ行き写真一覧表にあるのと同じ写真を撮影していきます。

例えば右のようなチェックポイントの場合。
4点のついたチェックポイントは「電車」です。

「車掌と運転手のポーズでパチリ♪」とあります。
ここでは写真のようなポーズをして撮影をします。

写真は2名ともポーズをとって映っていますが、チーム編成が2名の場合は撮影をする人、ポーズをとる人に分かれ、写真に載っているポーズの内どちらかをすれば大丈夫です。

左下の写真に写っているチームはしっかりとポーズをとって撮影していますね。

写真を撮ったら、さっそく次の目的地へ。
歩くもよし、走るもよし。自分たちのペースで景色を楽しみながらポイントをゲットしていきます。

中には地図が読めなくて迷ってしまうこともあるかもしれません。
そんな時にはチームで協力して目的地を変更してみたり、一般の人に聞いてみるのも良いかもしれません。

実際に私たち「山ガール」チームは途中道に迷ってしまい、コース変更を余儀なくされました(涙;

でもそんなハプニングがあり、色んな出会いやコミュニケーションが生まれるのもこのスポーツの楽しみのひとつです。

右下の写真は「山ガール」チーム、16点の点数のついた「御座石」での写真です。 信玄公の座ったとされる石だそうです。
忘れずにかっこよくポージング。

チェックポイントではい、ポーズ!
次のスケジュール

フィニッシュ

ノーマルクラス、ファミリークラスのチームがそれぞれチェックポイントを回り終えゴール地点に戻ってくる時間です。

最後の最後まで粘って得点を獲得しにいくチームもあれば、余裕をもってゴールしておくチームもあります。

減点があるので、計画的にゴールまで戻ってくることが大事ですね。

私たち「山ガール」チームは後半30分に道に迷ってしまったのでそこでかなりのタイムロスをしました。
このままではゴール地点に制限時間内に戻れない…!!
そう判断して、残り20分を猛ダッシュで走りました。

最後頑張ったお陰で、息は絶え絶えながらも無事にゴール地点へと戻ってくることができました。

ゴールする時の表情はそれは最高の笑顔です。
「ヤッター!!ゴールしたぁ!!」

ゴールした時の感動は忘れません。
ゴールするときもスタッフのみなさんが温かく拍手で出迎えてくれます。

その後も続々ゴールしてきます。
みなさん、本当にお疲れ様でした!

無事にゴールした後は、結果提出用紙にチェックポイントを回った順番を記入します。

記入が終わったら、審査の人に撮影した写真を見せながらチェックポイント通過をチェックしてもらいます。

チェックポイント通過をチェック
ゴーーーール!!!
次のスケジュール

審査中

たくさん走った後は…
ご褒美に美味しいお料理の振る舞いが待っていました。

この日は、同時開催されていた「八ヶ岳秋まつり」味覚市で旬の食事を楽しむことができました。

あったか~いカニ汁、焼きそばやふかし芋、高原サラダにしゅうまい、あのB-1グランプリの鶏もつ煮など種類豊富なお料理が食べ放題でした。

順位を決める結果発表の表彰式までここでしばしの休憩お食事タイム。

スポーツでたくさん汗をかいた後はおなかいっぱい食べましょう。

帰りにネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原の温泉に入るのも良いかもしれませんね。

とにかく空腹だったのでお腹いっぱいごちそうになりました♪
外を走りまわった後の暖かいお料理は絶品でしたよ。

B-1グランプリの鶏もつ煮とふっくらふかし芋
八ヶ岳秋まつり ほかほかで美味しい!
次のスケジュール

表彰式

いよいよ表彰式です。

まずはノーマルクラスから。
チェックポイントの数は全部で39か所。
全て回りきると総合計は1120点です。

1位に輝いたのは… チームWESTのお2人。
672点です。
元サッカー部という体育会系チーム。
『二人で助け合って頑張りました!』と熱い友情を語ってくれました。

そして「山ガール」チームは惜しくも4位。
489点でした。
残念ながら1位ではないですが、真ん中とはなかなかの成績です(笑)

そしてファミリークラス。
チェックポイントの数は全部で20か所。総合計は300点です。

1位に輝いたのは…
チーム96be(クロベ)のご家族。
294点。
チェックポイントを1つ残すだけというかなりの高得点!
女性だけのチームなのにすごい体力です。
『今回初めて体験でしたが、とても楽しかったです。
また別の機会に参加して再チャレンジしたいと思います。』 と暖かいコメントを頂きました。

2チームとも本当におめでとうございます!!

八ヶ岳フォトロゲイニングを完走するともれなく素敵なプレゼントがもらえます。
八ヶ岳フォトロゲイニングオリジナル認定バッジ!
コースを完走した人にしか配られない限定バッジです。

「completed」と書かれたバッジを見ればいつでも八ヶ岳フォトロゲイニングで頑張ったことを思い出せますね。

そして更に各クラス上位3チームには 地元名産品などの豪華プレゼントが用意されていました。
中にはネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原の宿泊券なども入っていましたよ!

表彰が終わると、会場にそれぞれのチームの結果が貼り出されます。
「ほほ~う、このチームはこんな風に回ったのか…」と 自分の回ったルートとの答え合わせができるのが楽しいです。

そして最後には参加したみなさんで記念の集合写真を撮りました。

この瞬間、参加したすべての人たちの心がひとつに。

運動神経には自信のない「山ガール」チームでしたが、そんな私たちでも十分にフォトロゲイニングを楽しむことができました。

知らない土地を歩いて回るのはとても新鮮で、色々な発見や驚きがありました。

四季折々の自然の魅力を楽しむことができるのもただ運動をするだけのスポーツとは違うところかもしれません。

家族や仲間と楽しくスポーツ!

是非、八ヶ岳フォトロゲイニングに挑戦しに遊びに来てください☆
今回お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

「山ガール」チーム代表 Fran

表彰式と集合写真

番外編 八ヶ岳フォトロゲイニングについて

フォトロゲイニングとは、2名以上のチームを組み、地図を見ながら指定されたチェックポイントの得点をどれだけ多く集めることができるかを競うナビゲーションスポーツです。

チェックポイントに到達した通過証明として、写真一覧と同じ風景を撮影するので"フォト"ロゲイニングと呼ぶそうです。

オーストラリア生まれの「ロゲイニング」というスポーツを、親しみやすくアレンジしたスポーツ。
フィールドスポーツとしてはオリエンテーリングが有名ですが、より自由度のある競技なのがこの「フォトロゲイニング」です。

この素晴らしいスポーツを、大自然の中、皆さんに体験してもらいたい…そんな想いから日本フォトロゲイニング協会・代表の伊藤奈緒さんにご協力頂き2012年春、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原に待望のオリジナルコースが設置されました。

八ヶ岳の豊かな自然環境で出会う様々な地形や景色を活かした素晴らしいコースに仕上がりました。

体力レベルに合わせた2つのクラスを用意。
120分のノーマルクラス。そして、お子様連れのファミリーの方や初めての方でも安心して楽しめる90分のファミリークラスです。

ファミリークラスは、東京ドーム21個分の広さを誇るネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原の敷地を中心に作られています。 車の通行も少なく、敷地内の自然や景色を楽しみながら、一味違ったウォーキングを楽しめます。

ノーマルクラスは、本格的に身体を動かしたいという方向けに作られています。 地域の名所や、評判のお店がチェックポイントに設定されていますので、少し足を伸ばして八ヶ岳の広いエリアを冒険できます。

家族や仲間と、スポーツをしながらも楽しくコミュニケーションを取ることができるフォトロゲイニング。 運動が大好きな人も、知らない土地を自由に散策するのが好きな人も人それぞれの楽しみ方を発見できるスポーツです。

リゾートの楽しみ方として一般的な観光地巡りやレジャー体験はありのままの自然や風景に触れ合うことは意外にも少ないものです。 観光地はもちろんのこと、普段は通り過ぎてしまうような何でもないお店やちょっとした路地、林など様々なスポットを訪れ、その土地の魅力を肌で感じることのできるスポーツがこの「フォトロゲイニング」だと思います。

仲間や家族と共に楽しくスポーツしにきませんか?

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原では今回のような大会・イベントの他にも10名様以上の団体であれば個別実施もご相談に乗ります。 会社の研修やサークルや部活のイベントに、是非ご活用下さい。

詳しくはネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原までお問い合わせください。

■ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
 〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸
 Tel: 0551-38-2336

フォトロゲイニングについてもっと詳しく知りたい方は「日本フォトロゲイニング協会」のホームページをご覧ください。

■日本フォトロゲイニング協会  URL:http://photorogaining.com/

スマートフォンサイトはこちら