リゾートホテル・コテージ・ペットと泊まれる宿への宿泊ならセラヴィリゾート泉郷│リゾートホテル・コテージ宿泊施設を全国に展開



ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原では、国際森林年フォレストサポーターズ企業活動の一環として、今夏、東京都現代美術館で開かれる「フレデリック・バック展」の開催を記念し、2度のアカデミー賞に輝いたフレデリック・バック氏の代表作「木を植えた男」「クラック!」特別上映会を、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳にて、7月27日(水)20時より開催致します。

先着100名の方にフレデリック・バック展
より記念品をプレゼント致します。

日時/2011年7月27日(水)20時00分~21時30分
場所/ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原
料金/無料(事前申込制)  定員:200名
【内容】
・フレデリック・バック氏2作品の上映
・クラック!(1982年 第54回アカデミー賞短編アニメーション賞受賞)15分
・スタジオジブリスタッフによる作品解説
・木を植えた男(1988年 第60回アカデミー賞短編アニメーション賞受賞)30分

【プロフィールをご紹介】
1924年フランスのザール地方で生まれ、その後アルザス、パリに移住。1941年、レンヌに移り、美術学校に入学。師と仰ぐマテュラン・メウの下で学ぶ。1948年、カナダのモントリオールに移住。美術学校などで教鞭を取った後、1952年にラジオ・カナダに就職。イラストレーター、セットデザイナーとして働く。1967年にモントリオール万博受付会場の装飾、地下鉄駅のステンドグラスなどを制作。1968年にラジオ・カナダでアニメーション部門が設立され、以後、9つのアニメーション作品を制作。1982年に「クラック!」、1988年に「木を植えた男」で、アカデミー賞短編アニメーション部門を受賞。現在もモントリオールに住み、創作活動を行う傍ら、自然保護団体の活動などにも参加している。

今回上映する「木を植えた男」は、その製作に5年半もの年月をかけた超大作であり、スタジオジブリの宮崎駿・高畑勲両監督が師と仰ぐほどのフレデリック・バック氏独特の画法は彼らの作品にも深く影響を与えたと言われています!
国際森林年とは? 国際森林年とは、国連総会決議で定められたもので、本年2011年がこの年にあたります。 森林を未来に残すために「森林の保護」や「森林資源の利用」「森林の開発」など、人々と森林の関わり方について、世界の人々に認識を高めてもらうということを目的としております。 セラヴィリゾート泉郷も『フォレストサポーターズ』として、積極的な活動をしております。

詳しくはこちら


ご予約

上映会は200名の事前予約制で、当日ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳にご宿泊のお客様を対象に受付いたします。
ご予約は、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原HP、及びお電話(0551-38-2336)にてお申し込みください。

【フレデリック・バック展 展覧会概要】
●会期:2011年7月2日(土)~2011年10月2日(日) 月曜日休館(ただし7月18日、8月15日、22日、29日、9月19日、26日は開館。7月19日(火)は休館。) ●開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)/8月・9月の土曜日は20:00まで開館 ●開催場所:東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)企画展示室1F・3F ●主催:東京都現代美術館/日本テレビ放送網/マンマユート団 ●企画制作協力:スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館 ●お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル) ●公式HP:http://www.ntv.co.jp/fredericback/
※当施設においても、鑑賞券の販売を予定しております。


スマートフォンサイトはこちら